ニキビの予防と治療

初期症状のニキビはきちんとケアすることによって、炎症を起こすようなニキビになることを予防することができます。ニキビ肌の洗顔はコシゴシこすると肌に負担がかかりますから、優しく泡でなでるように洗いましょう。洗顔後は水分が蒸発しやすい状態となっています。肌の乾燥は、角質を硬くするのと同時に、皮脂の過剰の分泌の原因になりますから、しっかりと保湿することが大切です。炎症を起こす前の白・黒ニキビを予防することができれば、さらに悪化した赤ニキビや黄色ニキビを防ぐことができます。

スキンケア

しかし、どうしてもできてしまう時があります。その時にはつぶしたり手で触らず皮膚に負担を最小限におさえることが必要になってきます。紫ニキビは最もひどい状態のニキビといえますが、痛みはないため真皮にまでダメージを受けているニキビなために、状態が悪化すると痛みが伴ってくることがあります。真皮までダメージを受けているとターンオーバー行われないため、ニキビの跡が残る可能性が高くなります。

ニキビは、洗顔をはじめとしたスキンケアも大切ですが、自分の身体の状態によって発生するものでもありますから、しっかりと向き合い生活習慣をはじめ、できることから改善しておくことがニキビを予防、また改善していくことにつながっていきます。自分でケアできる範囲をこえてしまったニキビに関しては我慢せずに早めに美容皮膚科などの専門機関で治療してもらいましょう。そうすることで、今後のケアの仕方などのアドバイスももらうことが出来ます。

 

推奨リンク<初めての美容皮膚科は、安心のシロノクリニックへ|レーザー治療専門 – 美容皮膚科シロノクリニック


炎症したニキビ

初期段階の白・黒ニキビは、さらに悪化すると炎症を起こし、赤ニキビになります。このニキビを作るのはブドウ球菌とアクネ桿菌です。どちらも皮膚にいつも存在する常在菌ですが、繁殖しやすい土壌が皮膚にできることによってニキビを悪化させます。アクネ桿菌は嫌気性で酸素を必要としないため、脂腺の奥に生息し、皮脂を好むため詰まった毛穴の中で皮脂を栄養として増え、炎症を起こして毛穴や周辺が赤く腫れ上がります。

そして、赤ニキビの炎症がさらに悪化して膿ができた状態になると、黄色ニキビと呼ばれる状態になります。毛穴の表面に現れた膿が黄色い色のため、こう呼ばれ、アクネ桿菌はリパーゼという酵素を生みだし毛穴の内部組織を破壊し、隣接する毛穴にも炎症を広げます。皮膚の表面の表皮の下には真皮と呼ばれる皮膚があり、この炎症が真皮にまで広がると、ニキビが治ってもクレーター状態になったり赤黒く色素沈着を起こし、跡となって残ってしまうことがあります。またさらに悪化した状態の紫ニキビになると、身体の不調のサインになっていることもありますから、紫ニキビができた時には注意が必要です。西洋医学では結節性ニキビといわれ、口のまわりや顎にできやすい特徴があります。


初期のニキビ

ニキビの初期段階では、皮膚が少し盛り上がってくる程度です。しかし、その段階ですでに、毛穴の入り口は詰まり、皮脂が毛穴の中にたまってラードのようなコメド(面皰)が作られています。白くぽつんと盛り上がってくる状態のものを白ニキビでと呼び、この初期段階でまだ毛穴が閉じている状態で発生するニキビをさします。この白ニキビから、症状が進むと、皮膚の中にある皮脂が毛穴を広げ、毛穴が見える状態となり、皮脂が酸化したり汚れたりすると先端が黒ずんでくることから、黒ニキビと呼ばれる状態となります。この白ニキビや黒ニキビの段階では炎症は起きておらず、皮脂がたまっている状態ですから、このコメドを押し出して取り出せばきれいに治ることがあります。自分でもできますが、あまり無理に押し出すとまわりの組織を傷つけ、炎症をおこしニキビを悪化させることがありますから、できれば医療機関で専用の器具で処置を行ったほうが安全です。

ニキビができてしまった時の治療方法は、まず洗顔が基本です。過剰に分泌されている皮脂を洗い流すことで、初期の段階のニキビの改善と予防にもなります。しかし、強い洗浄力がある洗顔料の使用や、日に何度も洗顔を繰り返すなどの洗いすぎによって肌が痛み、乾燥してしまうと角質が固くなり余計にニキビができやすい皮膚を作ってしまうことになりますから注意が必要です。


ニキビとは

ニキビは、毛穴が皮脂などによって詰まることからでき始めるもので、医学的には尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれています。思春期に発生するニキビは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が増える時期に起こりやすく、またその時期には成長ホルモンによって皮脂の分泌も盛んになることからこの2つの原因と皮膚に多く存在する細菌によって炎症を起こし、発生します。この思春期にできるニキビは、このような原因で発生するために、中学生の頃に激しくニキビができても、成人する頃までには減少もしくは改善しあまり悩むことはなくなります。

ニキビが気になる

また、逆に成人してから発生してくる大人のニキビがあります。このニキビの原因は思春期にできるニキビとは違い、肌のターンオーバー(新陳代謝)の低下によって、古い角質が毛穴をふさいでしまい、そこに細菌が繁殖しニキビとなります。この原因の根本にあるターンオーバーの低下は、社会生活で起こるストレスや、睡眠不足によってホルモンバランスが乱れることが原因とされています。また、食生活の乱れによって栄養バランスが乱れることもニキビの原因の1つでもあり、食物繊維不足や動物性脂肪分の摂りすぎによる便秘は老廃物を蓄積してしまいます。このように大人のニキビは日常の生活の中に原因がありますから、生活習慣を整え、ビタミンやミネラルを含んだ食事を摂ることで、ターンオーバーを活発にし、大人のニキビの発生の予防となります。