炎症したニキビ

初期段階の白・黒ニキビは、さらに悪化すると炎症を起こし、赤ニキビになります。このニキビを作るのはブドウ球菌とアクネ桿菌です。どちらも皮膚にいつも存在する常在菌ですが、繁殖しやすい土壌が皮膚にできることによってニキビを悪化させます。アクネ桿菌は嫌気性で酸素を必要としないため、脂腺の奥に生息し、皮脂を好むため詰まった毛穴の中で皮脂を栄養として増え、炎症を起こして毛穴や周辺が赤く腫れ上がります。

そして、赤ニキビの炎症がさらに悪化して膿ができた状態になると、黄色ニキビと呼ばれる状態になります。毛穴の表面に現れた膿が黄色い色のため、こう呼ばれ、アクネ桿菌はリパーゼという酵素を生みだし毛穴の内部組織を破壊し、隣接する毛穴にも炎症を広げます。皮膚の表面の表皮の下には真皮と呼ばれる皮膚があり、この炎症が真皮にまで広がると、ニキビが治ってもクレーター状態になったり赤黒く色素沈着を起こし、跡となって残ってしまうことがあります。またさらに悪化した状態の紫ニキビになると、身体の不調のサインになっていることもありますから、紫ニキビができた時には注意が必要です。西洋医学では結節性ニキビといわれ、口のまわりや顎にできやすい特徴があります。