ニキビの予防と治療

初期症状のニキビはきちんとケアすることによって、炎症を起こすようなニキビになることを予防することができます。ニキビ肌の洗顔はコシゴシこすると肌に負担がかかりますから、優しく泡でなでるように洗いましょう。洗顔後は水分が蒸発しやすい状態となっています。肌の乾燥は、角質を硬くするのと同時に、皮脂の過剰の分泌の原因になりますから、しっかりと保湿することが大切です。炎症を起こす前の白・黒ニキビを予防することができれば、さらに悪化した赤ニキビや黄色ニキビを防ぐことができます。

スキンケア

しかし、どうしてもできてしまう時があります。その時にはつぶしたり手で触らず皮膚に負担を最小限におさえることが必要になってきます。紫ニキビは最もひどい状態のニキビといえますが、痛みはないため真皮にまでダメージを受けているニキビなために、状態が悪化すると痛みが伴ってくることがあります。真皮までダメージを受けているとターンオーバー行われないため、ニキビの跡が残る可能性が高くなります。

ニキビは、洗顔をはじめとしたスキンケアも大切ですが、自分の身体の状態によって発生するものでもありますから、しっかりと向き合い生活習慣をはじめ、できることから改善しておくことがニキビを予防、また改善していくことにつながっていきます。自分でケアできる範囲をこえてしまったニキビに関しては我慢せずに早めに美容皮膚科などの専門機関で治療してもらいましょう。そうすることで、今後のケアの仕方などのアドバイスももらうことが出来ます。

 

推奨リンク<初めての美容皮膚科は、安心のシロノクリニックへ|レーザー治療専門 – 美容皮膚科シロノクリニック