初期のニキビ

ニキビの初期段階では、皮膚が少し盛り上がってくる程度です。しかし、その段階ですでに、毛穴の入り口は詰まり、皮脂が毛穴の中にたまってラードのようなコメド(面皰)が作られています。白くぽつんと盛り上がってくる状態のものを白ニキビでと呼び、この初期段階でまだ毛穴が閉じている状態で発生するニキビをさします。この白ニキビから、症状が進むと、皮膚の中にある皮脂が毛穴を広げ、毛穴が見える状態となり、皮脂が酸化したり汚れたりすると先端が黒ずんでくることから、黒ニキビと呼ばれる状態となります。この白ニキビや黒ニキビの段階では炎症は起きておらず、皮脂がたまっている状態ですから、このコメドを押し出して取り出せばきれいに治ることがあります。自分でもできますが、あまり無理に押し出すとまわりの組織を傷つけ、炎症をおこしニキビを悪化させることがありますから、できれば医療機関で専用の器具で処置を行ったほうが安全です。

ニキビができてしまった時の治療方法は、まず洗顔が基本です。過剰に分泌されている皮脂を洗い流すことで、初期の段階のニキビの改善と予防にもなります。しかし、強い洗浄力がある洗顔料の使用や、日に何度も洗顔を繰り返すなどの洗いすぎによって肌が痛み、乾燥してしまうと角質が固くなり余計にニキビができやすい皮膚を作ってしまうことになりますから注意が必要です。